明日はもっといい日になーれ

もっと人生を輝かせたい!自分の夢を叶えたい!そんな方のお役に立ちたいブログ

客室乗務員のやりがい【CAならではのメリットもご紹介】

f:id:mado-rin:20200831184811j:plain

こんにちは、まどかです^^

 

「客室乗務員(キャビンアテンダント)のやりがいって何だろう?」

「客室乗務員ならではのメリットが知りたい!」

 

そう思っている方に、私の経験をもとにお答えします!

 

■本記事の内容


この記事を書いている私は、客室乗務員として、日系・外資系航空会社にて乗務をした経験があります。

その私の実体験から、客室乗務員のやりがいと客室乗務員ならではのスペシャルなメリットについて本音ベースで語っていきます!

少しでも参考になったら嬉しいです♪

 

1. 客室乗務員のやりがい

f:id:mado-rin:20200831184851j:plain

客室乗務員のやりがいとして以下の3つを挙げました。

・お客様からの感謝の言葉
・無事にフライトを終えられた達成感
・キャリアアップをして対応範囲が広がること

 


・お客様からの感謝の言葉

ありきたりの回答かもしれませんが、やはり、お客様からの感謝の言葉やお客様の笑顔が一番のやりがいでした。

サービスは、すべてのお客様に同じサービスを提供しても、みんなが喜んでくれるというわけではありません。

お客様はそれぞれ、年齢も性別も性格も異なりますし、それぞれ抱えている背景や飛行機に搭乗されている目的も様々です。

 

例えば、


・飛行機の中でお休みになりたいビジネスのお客様

・お子様を連れての初めての飛行機で、お子様が泣かないかとても不安なお客様

・新婚旅行に向かうワクワク気分のお客様

・悲しいことがあって意気消沈しているお客様 

 

このような、お客様についての詳しい情報は、お客様と直接お話してみないとわかりません。

もちろん、お客様と直接お話をすることもありますが、すべてのお客様とお話しすることは不可能です。

そこで、お客様の機内での過ごされ方や表情をよく観察し、このお客様は「どのようなことを求めているのか」、「何かお手伝いできることはないか」と、あらゆるアンテナを張ってできる限りで推測し、お客様お一人お一人に合ったサービスをすることが大切です。

 

また、飛行機は時間や空間、機内に搭載されている備品には限りがありますが、お客様からの要望に「ありません、できません」ではなく、代替案として何をして差し上げられるかを常に考え、提供することも大切です。

 

その結果、一生懸命に考えたサービスでお客様が喜んでくださった時には本当に嬉しいです!

客室乗務員がしたいサービスをするのではなく、お客様が本当に求めているサービスを提供する。

これはとても難しいことですが、これを追求することこそが客室乗務員のやりがいだと思います。

サービスには正解がありません。だから楽しいのだと思います^^

 

 

・無事にフライトを終えられた達成感

客室乗務員は保安要員として、お客様を安全に目的地までお届けする使命があります。

機内では様々な事象が発生する可能性があるので、常に五感を働かせて、緊張感を持って業務にあたる必要があります。

 

例えば、

・体調が悪そうなお客様はいないか

・機内は酔いやすいため、アルコールを飲みすぎているお客様はいないか

・お手洗いで喫煙をしているお客様はいないか

・座席の下など危険なところにお子様が潜り込んでいないか

 

このようなことをクルーみんなで常に注意を払い、情報共有をして機内の安全を守っています。

また、天候不良や揺れなどの外的要因に対しても、安全第一で臨機応変に対応していきます。

 

その結果、無事に目的地に到着した時は、安堵感と大きな達成感を感じることができます。

お客様が飛行機を降機される際の「ありがとう」という言葉は本当に心に染みました。

 


・キャリアアップをして対応範囲が広がること

キャリアアップをして、どんどんサービスの幅が増えていくこともやりがいの一つでした。

キャリアパスのフローは航空会社によって異なると思いますが、私の場合は以下のようにキャリアアップをすることができました。

 

エコノミークラスの担当

     ↓
ビジネス・ファーストクラスの担当

     ↓
チーフパーサーの資格を取得

 

新しいサービスを覚えたり、対応するお客様の幅が広がることは、大変な一方で楽しかったですし、徐々に後輩育成も担当するようになり、自分自身の成長を感じることができました。

また、チーフパーサーは客室の責任者として、客室の全て責任を背負う大変な職務でしたが、やり遂げた時はより一層達成感がありました!

 

私は、チーフパーサーの資格取得までの在籍でしたが、その後、インストラクター資格を取得したり、機内品質向上のために地上勤務メインになったり、管理職になったり、とそれぞれのキャリアビジョンや適性によってどんどんキャリアップができます。

客室乗務員はとても奥が深いお仕事だと思います。

 

2. 客室乗務員ならではのメリット

f:id:mado-rin:20200831184944j:plain

客室乗務員には、本当に嬉しいメリット(特典)がたくさんあるんです!
私自身、今までにいろんな会社に属してきましたが、客室乗務員ほど恵まれた特典はないと思います!!
辞めた今となっては、本当にこの特典が恋しいです…(;_;)笑

 

私の独断で、客室乗務員ならではのステキなメリットをランキング形式(1〜4位)でご紹介します!

ただしこの特典は、航空会社にもよると思いますので、あくまでも参考程度にご覧ください♪

 

4位:上空からの景色が堪能できる!

フライト中、上空から見る景色が本当に綺麗なんです!

私史上、一番感動したのは、オーロラが間近で見れたことです!!

コックピットからインターフォンで「オーロラが見えるよ〜」と教えてもらって、機内の窓から見た時はあまりの綺麗さに感動しすぎて、近くのお客様みんなに言いふらしました。笑

(飛行が安定している時は、コックピットクルーが「〇〇が見えるよ〜」と教えてくれることもあります^^)

素敵な景色に遭遇できることは客室乗務員の特権です!

 

3位:クルーディスカウントで免税品が安く買える!

社員IDを見せれば、空港の免税品売り場で、社員割引が効くので、免税品をさらにお得にゲットできます!

辞めた後にこのありがたみをより一層感じました。笑

 

2位:国内外いろんなところに行ける!

私は、国内線も国際線も乗務をすることができたので、国内・国外ともにステイであらゆるところに行くことができました!

同期と同じフライトの時は、オフの後はもう「旅行ー!」という感じでしたので、本当に楽しかったです。

ステイ明けの業務に影響が出ない範囲でいろんな観光地に行ったり、美味しいものを食べに行ったりと思いっきりエンジョイして、その日働いた分の給料をすべて使ってくるということもありました。笑

私は旅行が好きなので、この特典はかなりありがたかったです^^

 

1位:社員割引航空券が使える!

私にとって客室乗務員の一番の特典は、社員割引航空券でした!

私のようにCAを辞めた人は、みんなこの特典が使えなくなったことを悔やんでいます。笑

この特典の有無や利用範囲は、航空会社にもよるかと思いますが、私が所属していた会社は、

・国内線は空席があれば無料

・国際線は空席があれば、正規料金の10%で乗れる

というものでした。

どちらも使用回数には制限がありますが、この特典には本当にお世話になりましたm(_ _)m♡

また、この特典は自分の家族にも使用ができたので、家族もいろんなところに連れて行ってあげました^^

 

以上、私が独断でランキング付けをした客室乗務員ならではのメリットでした!

 

これからも、私の実体験をもとに、客室乗務員に関するあらゆる情報を発信していきます✈︎

ご覧いただいた方の少しでもお役に立てたらと思いますので、こういう情報が知りたいなどございましたら、ぜひお問い合わせいただけますと嬉しいです!

 

では、最後までご覧いただき、ありがとうございました^^♡

 

こちらの記事もご覧ください↓

www.ashita-motto.com

www.ashita-motto.com